スマホ・タブレットからのクラウドサービス利用
安全性・利便性はもっと高められます

  • 会社の認めた端末のみの
    利用で安全性を確保

  • アクセス元IPアドレスを
    1つに集約できます

  • 専用サーバー等は
    一切不要です

完全サービス提供で導入時のハードルや
運用者様の負荷を軽減できます

多くの企業がグループウェアをはじめとした様々なクラウドサービス利用し業務効率化を推進している中、その流れはスマートフォンやタブレットにも普及し始めました。

先行している企業は、VPNやリモートアクセスサービスを駆使して社内ネットワーク経由で接続する形態をとられています。
このようなケースでは、専用のサーバを構築するなどの導入時の負荷や社内ネットワークの障害発生時は外部から見えなくなるなどの問題を抱えています。

S-Proxy for Cloudは、完全サービス提供をおこなうことで、これらの問題を解決し、快適でセキュアなクラウド利用を実現いたします。

S-Proxy for Cloudの3つの特長

01会社が認めた端末からのみ利用許可

S-proxy for cloudでは、端末に証明書を配布し、アクセス時に証明書のチェックを行うため会社が認めた端末からのみ利用させる事が可能です。また、証明書は端末の固有情報と連動しているため、なりすましも防ぐことが可能です。

02アクセス元IPアドレスを1つに集約

S-proxy for cloudでは、認証した端末からの通信を全て1つのGlobal-IPアドレスに集約するため、クラウドサービス側のアクセス元IPアドレス限定と組み合わせることで、より強固なセキュリティを実現します。また、キャリア通信であってもwi-fi環境で あっても同一のアクセスが可能なため、通信環境に依存した抜け道もありません。

03専用サーバー等は一切不要

S-proxy for cloudは完全サービス提供のため、お客様にて、専用のサーバーやデータセンターのホスティング環境をご用意いただく必要はありません。また、標準でアクセスの負荷分散環境が用意されているため、大規模導入でも安心してご利用いただく事が可能です。

S-Proxy for Cloudの連携する
アプリシリーズ

  • Browser
    ブラウザアプリ

    Proxyサーバ経由でのWEB接続を設定できたり、ログを管理できる。そんな企業ITコンプライアンス遵守をご支援する「モバイルWEBブラウザ」をご用意しました。

  • Mailer
    メールアプリ

    デバイスの持ち運びが自由になったことで、メールデータ・添付ファイルなどの情報漏えいリスクも高まります。 メールの機能を活かしつつも、セキュリティを担保したメーラーアプリをご提供します。

  • Calendar
    カレンダーアプリ

    社内イベントなどを共有カレンダーに登録した上で、グループごとに閲覧権限を設定することが可能で、安全かつ効率的に、組織で共有すべきイベントの管理を実現します。

クラウドサービスや社内グループウェアの利用を最適化して
テレワークや社外での業務効率化を促進します

導入のご相談・資料請求はこちらから